読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋☆アロマサロン”Risael” 

あなたが笑顔でいられるように・・・心と体のメンテナンスを 

精油の価格

こんばんは!

Tazuがアロマをやり始めて周りの人にお伝えしたら自然とアロマの伝染が始まっていくみたい♡

 

今まで興味があってもアロマオイルは価格が高いものもあるので手が出ないと思ってる方もいらっしゃいます。

 

精油は同じメーカー内でも種類によって高いものから安いものまで色々あります。

価格は精油の採りやすさとの関係はあります。

そうだな・・・。

高い精油の代表格はローズ。

女性はこの香りを好まれる方が多い。

落ち込んだ時に気分を上げてくれたり、女性らしい気持ちにしてくれたり。

肌をきれいにする効果もあったり、リラックスにも働いてくれる。

 

ローズの精油を作るための花は芳香が一番よい日の出前に一つ一つ手作業で摘まれます。摘まれた花はその日のうちにオイルにされます。たくさんの花を摘んでもそこから作られるオイルはほんの少しにしかならないため、非常に高価なのです。

 

一度、オイルにする前のローズ園に行ってみたいわ~

どんなに良い香りがするんだろう♪

 

比較的お求めやすい精油の代表はレモンやオレンジなどの柑橘系の皮からとれるもの。オレンジやミカンの皮を絞ると汁が出てくるでしょう?

あれのオイルの部分だけ集めたものなので比較的採取しやすいのです。

柑橘系精油は嗅ぎなれた香りなので老若男女好まれる香りです。

食欲を増進させたりする働きもあります。

 

精油の種類だけでなく、メーカーによってもお値段は変わります。

正直、どこのメーカーがいいのかは何とも言えません。

精油が本当に良いものなのかは香りを嗅いでもわからない場合が多いからです。

天然100%の表示があったとしても本当にその精油なのか知る術がありません。

例えば、先ほどのローズの精油

少量でもかなり香りますので、変な話、香りがほとんどない植物油で薄めてもわからないのです。

また、香りがよく似た精油少し混ぜてみてもわかりません。ひょっとすると深みが出てローズよりも奥深い良い香りがするかもしれません。

 

最近は、良いものを手元に届けようということよりも利益優先という考えをいろんなところで見かけます。

全て信用してあげたいけども、残念ながら上記のような販売をしているところも実際あるようです。

 

あまりにも安い価格のものやディフューザーについているものだとすでに精油ではない場合もあります(界面活性剤と表示がしてあるものは精油ではないです)

この辺りも芳香として使用する場合は香りがよいものを選んだらいいと思いますが、ケア用品を作成したり、肌に直接触れる場合は精油のメーカーも信用がおけるところでの購入をお勧めします。

 

精油の良さを伝えておいて、このあたりのことを伝えてなかったな~と深く反省。

良い精油に恵まれて、あなたの力になってくれていますように♡そう願って。

 

ポカ×2アロマセラピスト Tazu