読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋☆アロマサロン”Risael” 

あなたが笑顔でいられるように・・・心と体のメンテナンスを 

気分をコントロールする方法

精油の使い方

今日は朝からなかなか気分が上がらない。

こういう時は香りに助けてもらいます。

 

女性は感情が豊か。

だから、気分のアップダウンがどうしても付きまとう。

 

でもね、これっていろんなことでコントロール可能なの。

お気に入りの洋服を身につけている時ってすっごい気分上がるでしょう?

ちょっと機嫌が悪くても、視点が変わったことでたちまちご機嫌♬なんてよくあること。

 

だからね、気が乗らない日は香りを身につける。

精油をティッシュに垂らして、折りたたんで胸元に入れておく。

すると、時々ほんわか良い香りが立ち上る。

ずっとじゃないから良い。

 

やはりね、その日によって香り方が違うから今日も香りを嗅いでみた。

精油の不思議 - 名古屋☆アロマサロン”Risael”

 

今日選んだのはベンゾインとゼラニウム

 

ベンゾインは甘いお菓子のような香り。実際、ベンゾインに含まれる安息香酸はお菓子の香りづけとして使われる。

 

ゼラニウムは葉っぱの精油なんだけど、花のような甘い香り。ローズに含まれる芳香成分と似ているので、ローズのような香りを出す際使われる。

 

どちらも甘い香りで女性らしい感じ

 

<ここからは完成にTazuオリジナルのイメージです(笑)>

バニラ調の安息香酸は少し子どもをイメージする。ゼラニウムは大人の女性。両方が混じりあうところなので、イメージは思春期の女性という感じなぁ。

 

今日の夕方、ちょっとトゲトゲしい気持ちになりそうだった。そういう時に優しい甘い香りが時々ホワっと香る。そして、トゲトゲの先っちょを少し削ってくれたみたい。ただ、思春期だから素直になりきれない感じは残るけど😅

…そんなイメージ。

 

 

★2月トリートメント日時・メニュー等 - 名古屋☆アロマサロン”Risael”